京都で全身脱毛

医療脱毛を受けたい場合は脱毛サロンではなく、皮膚科やクリニックへ行こう

プロフェッショナルによる脱毛を受けたいとお考えの場合、脱毛方法はどんな方法があるのか、脱毛サロンと美容クリニックでの施術にはどんな違いがあるのか、金銭的なことはどうなのか?など様々な疑問点が出てくることだと思います。

 

そこで、今回は脱毛サロンと美容クリニックの脱毛方法の違いについて説明していきたいと思います。

 

まず、一般的な脱毛サロンでは主に“光脱毛”を用いて施術を行います。

 

この光脱毛とは、特殊な光を黒い物(メラニン)に反応させ、毛根にダメージを与えてムダ毛が生えてこないようにする方法です。

 

光脱毛は、お肌になるべく負担をかけず低出力で時間をかけて行いますので、即効性はありませんし、永久脱毛に近い効果は期待できませんが、痛みは少なく、お得なキャンペーンや格安コースを実施しているサロンが多いですので安価で気軽に脱毛が受けられること、そして広範囲に光を当てることができますので、背中など広い部位の施術にはむいています。

 

それに対し、美容クリニックや皮膚科での脱毛には主に“レーザー脱毛”と“針脱毛”の2種類を用いられており、この2つは医師のいる医療機関でしか取り扱いができません。

 

つまり脱毛サロンでは行うことのできない施術方法なのです。

 

レーザー脱毛は、光脱毛とほぼ同じしくみなのですが、レーザー脱毛の方が高出力で施術を行います。

 

ですから、短時間で脱毛効果を実感することができますし、永久脱毛ができる方法として認められています。

 

デメリットとしては、痛みを伴うこととレーザーの光は一直線にしか当たりませんのでどうしても狭い範囲しか施術を行えないことです。

 

そして、現在の脱毛方法いちばん効果が高いのが、針脱毛です。

 

針脱毛は、光脱毛やレーザー脱毛とは方法が異なり、毛穴に針を刺し電流を流して毛根にダメージを与え脱毛を行う方法です。

 

毛穴1つ1つに施術をしていかなければいけませんので、相当な時間を要しますしなによりも痛いです。

 

しかし、医療クリニックでは麻酔を取り扱うことができますので、痛みがひどい場合は麻酔を施してくれるクリニックもあり、安心して脱毛をうけることができますよ。